大切なお家を漏水から守る防水工事の種類をまずは把握しましょう

人類の歴史の中で、一番初めに建物に求めた機能は、雨風から体や食料などを守る為に屋根や壁を作るという防水性能でした。その後、政治的な象徴や、個性の表現からデザイン性も取り入れられました。

その防水の歴史は古くアスファルト防水が始まりと言われております。現在では、様々な材料を使用したデザイン性に富んだ家が建てられ、その応じて防水材の種類も多様化しました。ここでいろいろな工法がある防水を理解し、私たちの大切な資産である家を漏水から守りましょう。

  • かんたん一括見積りで相場を知ろう!

最速1分で簡単見積り比較!実績のある地元の優良業者を【無料】でご紹介いたします。

1.点検やメンテナンス次第で建物寿命が伸びるベランダ・バルコニー防水

普段の生活において一番近くで防水層に触れられるベランダ・バルコニーは、まさに防水層のバロメーターと言えます。そんなベランダ・バルコニーにて洗濯物を干す際に出入りしているのに、意外と見落としているベランダ・バルコニー防水の劣化のサインと、普段の生活の中で出来る防水層の劣化対策方法を説明します。


ベランダ・バルコニーにおけるウレタン防水

他の防水材に比べると硬化時間が短く工事期間の短縮がはかれ、コストパフォーマンスが良いベランダ・バルコニーにおけるウレタン防水。そのウレタンゴムの持つ弾力性を活かすための工事前に理解しておきたい必要な5つのキーワード。


建物の維持につながるベランダ・バルコニーにおいるウレタン防水のキホン

ベランダ・バルコニーにおけるシート防水

その技術は、タイヤ製造にも応用され耐久性の高いシート防水。条件次第ではベランダ・バルコニーにおいてもコストパフォーマンスの向上が見込めるシート防水の諸条件を理解して、しっかりとした補修工事を依頼する方法を説明します。


失敗しないベランダ・バルコニーにおけるシート防水業者の選び方までの流れ

ベランダ・バルコニーにおけるFRP防水

ベランダ・バルコニー防水材の中でも1番軽量で、補強されたプラスチックにより強高度があり多くの新築マンションで施工されているFRP防水。大切な5つポイントを押さえて長期的なコスト低下をはかりましょう。


他の防水材にはないFRP防水の特徴を活かすベランダ・バルコニーにおけるFRP防水

2.数種ある防水工法のメリットを活かす屋上防水を検討中の方へのアドバイス

屋上の防水工事はアスファルト防水にはじまり、シート防水やウレタン防水など色々な種類と工法があります。その為、屋上における防水工事の基本を押さえて建物の条件に適した防水工法を選び、信頼のおける防水業者に依頼しなければなりません。ここで各防水の特徴を1つ1つ見ていきましょう。


屋上におけるアスファルト防水

防水材の中で一番起源が古く、信頼性の高い防水で、その施工方法はアスファルトルーフィングと呼ばれるシート材をアスファルトで塗り重ねていきます。しかし一丸にアスファルト防水と言っても、アスファルトの塊を現場にて溶かす熱工法からバーナーを用いて施工を行う工法まで実に様々です。各工法を理解して信頼性の高いアスファルト防水にメリット・デメリットを知りましょう。


工法が多いアスファルト防水の全体像を把握する

屋上におけるウレタン防水

その場で材料を混ぜ、塗っていき防水層を形成するウレタン防水は、継ぎ目の発生しない美しい仕上げが可能で架台などのシート防水では施工が難しい場所への対応も出来ます。また下地の影響を考慮した通気緩衝工法を選定することも大切なポイントです。


屋上ウレタン防水の選定で重要な密着工法・通気緩衝工法の判断基準

屋上におけるシート防水

厚さ2mm前後の耐候性や伸縮性があるシート材を接着材や機械にて固定していくシート防水は、各材質により特徴が異なり建物の高さや風を想定したしっかりとした計画を行う必要があります。ここでシート防水のメリット・デメリットを比較して防水工事の検討に活かしましょう。


屋上防水の工事期間が短く済むなどの利点を活かすシート防水の考え方

屋上におけるFRP防水

繊維強化プラスチックにより軽量でありながら、強度がある最近注目の屋上におけるFRP防水。そのFRP防水の持つユニークな特性を知って自宅の屋上に選択が可能か確認しましょう。


仕上げ色の選択が多く、耐水性や耐薬品性に優れる屋上におけるFRP防水のメリット

3.建物の維持に必要な外壁防水塗装とシーリング防水

定期的に外壁の塗装がなされた建物は、汚れの少ない綺麗な建物であると同時に、建物の維持管理がしっかりとなされている証拠とも言えます。また一見して綺麗な建物も、時間の経過と共に、劣化が進行しています。新築時の建物機能を維持するために必要な防水塗装の基本知識を押さえましょう。


外壁の防水塗装

外壁に塗られている多くの塗装材には樹脂が含まれ耐久性を保っていますが、永久的な物では無く次第に劣化して硬くなっていきます。また時間の経過の中で起きる地震や、台風などによる短期的な要因と、太陽の光に含まれる紫外線による継続して影響を与える要因により塗装表面にワレなどの傷が発生し、その部分から水が侵入し劣化していきます。


外壁の劣化進行を遅らせ、傷みを事前に防ぐ防水塗装の方法

外壁のシーリング防水

建物の構造上必要な目地において動きに対する追従性や、水密性を保ち漏水を防いでいるシーリング防水。そのシーリング防水は、洗面台などに使用されるシリコン系から、塗装が必要なウレタン系シーリング材まで多くの種類が存在し工事検討時に基本を知っておく必要があります。また効率的な工事検討をすることで長期コストに削減につながります。


防水メンテナンス工事においてもっと重要と言われるシーリング防水について
  • かんたん一括見積りで相場を知ろう!

最速1分で簡単見積り比較!実績のある地元の優良業者を【無料】でご紹介いたします。