【完全無料・迅速対応】防水工事の価格、一括見積もり比較「防水コネクト」
無料24時間対応
地元の業者に一括見積もり依頼
0120-690-287

【防水工事の専門家が解説!】さらに詳しく!アスファルト防水工事の費用と内容を3項目に分けて徹底解説!

アスファルト防水は、耐久性の高い防水工事法として活用されています。詳細な工法(熱工法、常温粘着工法、トーチ工法)の紹介とあわせて、費用・工期・耐用年数メリット・デメリットの3つの項目でアスファルト防水を解説します。

アスファルト防水の費用・工期・耐用年数は?

アスファルト防水は、主にビルの屋上などの広い場所への施工が可能な防水方法です。
現場で高温に熱したアスファルトを防水シートの貼り付けを行いながら塗って行き、高温のアスファルトが徐々に温度が下がる事で防水シートを接着しながら、防水層を形成していきます。費用・工期・耐用年数は以下のとおりです。

<アスファルト防水/費用・工期・耐用年数>
 費用(㎡)工期耐用年数
屋上5,500~8,000円6~10日20-30年

水に強く、耐久性も強いため、多く用いられています。他の防水方法では、耐用年数は約12~13年ですが、アスファルト防水は長ければ20年以上持ちます。工事費用は少し高価ですが、長く建物を使用する場合にはアスファルト防水を検討するとよいでしょう。

<アスファルト防水/屋上(80㎡)トーチ工法>
工事内容詳細数量単価価格
高圧洗浄高圧水洗浄80㎡200円16,000円
下地処理ケレン、清掃80㎡100円8,000円
アスファルト防水トーチ工法80㎡7,000円560,000円
脱気筒設置ステンレス製1箇所12,000円12,000円
改修用ドレン設置鉛ドレン2箇所13,000円26,000円
保護塗料 80㎡1,000円80,000円
発生材処分費 一式10,000円10,000円

合計:712,000円

※他、人件費諸費用がかかります。
※数量の面積は、該当項目を施工する面積を示しています。

工法や材料費などにより、見積もり金額に差はでますが、80㎡の屋上のアスファルト防水工事を行う場合、約60~80万円を土台に考えておくと安心です。

アスファルト防水 3つの工法を知りたい!

アスファルト防水には、細かく分けると①熱工法、②常温粘着工法、③トーチ工法の3つの工法があります。

①熱工法

アスファルトの塊を、現場に設置した熔解釜で220℃~270℃に熔解し、アスファルトルーフィングと呼ばれる防水シートを複数枚貼り付けていく工法です。アスファルトの温度が低下しながら硬化が進み、最終的に防水層として機能します。
アスファルトの持つ接着性と防水性を最大限に活かした防水です。

屋上におけるアスファルト熱工法には、密着工法と絶縁工法があります。密着工法は、下地に大きなクラックが発生した場合、アスファルトルーフィングも一緒に破断してしまう可能性があります。そのため、比較的下地がしっかりしている場合に使われます。

一方、絶縁工法はアスファルト防水層と下地の間に、部分的に穴が空いているシートを貼ります。密着工法と違い、全面ではなく部分的に下地とアスファルトルーフィングが離れているため、下地にクラックが発生した場合でも影響を受けにくいという特徴があります。

②常温粘着工法

改質アスファルトルーフィングという、常温で使用可能な防水層を張り重ねていく工法です。冷工法とも呼ばれます。熱工法のように、アスファルトの塊を溶かす必要がないため煙や臭いの発生も少ないのが特徴です。

ただし、防水層の硬化までにやや時間がかかる、低温だと防水層同士の接着性の低下するなど、注意点もあります。

③トーチ工法

あらかじめ防水シート裏面に付いているアスファルトを大型のガスバーナーを使用して、炙りながらそのアスファルトを溶かし、アスファルトルーフィングを貼り重ねていく工法です。常温粘着工法同様、アスファルトの塊を溶かす設備を設置する必要がありません。

アスファルト防水のメリット・デメリット

メリット

・防水材の中で一番古くから使用され、高い信頼度があり耐用年数が長い。
・あらかじめ工場で作られてから出荷されるアスファルトルーフィングは、所定の厚みが確保されているので、信頼性の高い防水層ができる。
・アスファルト持つ接着性と防水性を最大限担保しながらも、火を使用せず工事できる方法もある(常温粘着工法)。
・工法によっては、多く生産されている材料を使用するので、信頼性の高い防水が経済的な値段で施工できる。

デメリット

・工法によっては、大がかりな設備の設置が必要になる(熱工法)。
・熱工法におけるアスファルトの温度管理や、トーチ工法におけるアスファルトの溶け具合など、施工時の管理が防水品質に直結するので施工実績豊富な優良業者に工事を依頼する必要がある。
・熱工法では、施工時に煙やアスファルト臭が発生するので、住宅密集地においては、近隣への配慮が必須。

あわせて読みたいあわせて読みたい
フォームで相談フォームで相談

複数業者に相見積りで
失敗しない防水工事を!

最短20秒で一括見積依頼!

実績のある地元の優良業者を
ご紹介いたします。

フォームで相談 0120-690-287 24時間対応
フォームで相談 0120-690-287 24時間対応

工事前に知っておきたい!プロが優しく解説「防水工事大百科」

全国コネクトグループ支店一覧

お住まいの地域を選んで、防水工事・外壁塗装の費用、相場を知ろう

全国コネクトグループ支店一覧
【サイトご利用上の注意】
※お見積り依頼及び各工事店からのお見積り提示、各種お電話・メールでの相談はすべて「無料」になります。
※工事店の紹介数は最大3社、お客様のご要望に沿って最適な工事店を選定しご紹介しております。
※見積りは提携工事店よりお届けします。より正確なお見積りをお届けするため、詳細の確認で複数工事店からご連絡がいくことがございます。予めご了承ください。
※防水コネクトでは、すでに工事店が決定されている方、最初から契約のご意思が全く無い方などへは、弊社登録工事店の紹介をお断りしております。
※提携の工事店には、過度な営業を控えるよう厳重な注意を行っております。評判の悪い工事店には即時弊社から登録を解除できるものとしておりますので、何か問題がございましたら弊社までご一報ください。
※防水コネクト経由にて防水工事のご契約をいただいた方へは、契約金額に応じてキャッシュバックとしてギフト券を贈呈しておりますので、ご契約が成立次第、規定のフォーマットにて申請くださいますようお願い申し上げます。
(注)当サイトからご紹介の工事店と成約いただいた方には、最大10万円のキャッシュバックとしてギフト券を差し上げております。 対象の方はキャッシュバック申請フォームから申請ください。申請が確認ができ次第、ギフト券を手配させていただきます。(受付期間:契約から6ヶ月間)
地元の業者に一括見積もり依頼
防水コネクト
地元の業者に一括見積もり依頼