【完全無料・迅速対応】防水工事の価格、一括見積もり比較「防水コネクト」
無料24時間対応
地元の業者に一括見積もり依頼
0120-690-287

【防水工事の専門家が解説!】さらに詳しく!ウレタン防水工事の費用と内容を3項目に分けて徹底解説!

防水工事の方法のひとつに、液状のウレタン樹脂を塗装するウレタン防水があります。ここではウレタン防水工事の費用相場詳しい工法メリット・デメリットの3項目を詳しく解説します。

ウレタン防水の費用・工期・耐用年数は?

液状樹脂を塗布するウレタン防水には、2種類の工法があり、それぞれ費用相場や工期、耐用年数が異なります。また、紫外線の影響による劣化や経年劣化の度合いにより、下地処理にかかる費用や適した工法が変わってきます。既存の防水がウレタン防水の場合や、傷みがひどくない場合は密着工法、それ以外は通気緩衝工法での施工がおすすめです。

どちらの工法で工事を行うかの最終判断は、業者に現地調査で状態をしっかりと確認してもらい、相談してからにしましょう。

<ウレタン防水/各工法の費用・工期・耐用年数>
  工法 費用(㎡) 工期 耐用年数
屋上 通気緩衝工法 5,000~7,000円 5~10日 10~15年
  密着工法 5,000~6,500円 5~10日 10~13年
ベランダ・バルコニー 通気緩衝工法 5,000~7,000円 3~7日 10~12年
  密着工法 4,500~6,500円 3~7日 8~10年

以下は、工事内容をより細かく記載した費用詳細です。工事業者から提出された見積書を確認する際の参考としてご活用ください。

<ウレタン防水/屋上(80㎡)通気緩衝工法の場合>
工事内容 詳細 数量 単価 価格
高圧洗浄 高圧水洗浄 80㎡ 200円 16,000円
下地処理 ケレン、清掃 80㎡ 100円 8,000円
下地補修 ひび割れ補修 10㎡ 2,000円 20,000円
平場ウレタン防水 通気緩衝工法 70㎡ 6,000円 420,000円
立ち上がりウレタン防水 密着工法 10㎡ 4,500円 45,000円
シーリング処理   30㎡ 800円 24,000円
脱気筒設置 ステンレス製 1箇所 12,000円 12,000円
改修用ドレン設置 鉛ドレン 2箇所 13,000円 26,000円
発生材処分費   一式 10,000円 10,000円

合計:581,000円

※他、人件費諸費用がかかります。

ウレタン防水 2つの工法を詳しく知りたい!

ウレタン防水 2つの工法を詳しく知りたい!

①通気緩衝工法

下地の上に「通気緩衝シート」と呼ばれる特殊なシートを貼ってから、防水塗料を塗っていく工法です。これにより、下地や空気中にに含まれる逃がしやすくなります。さらに、屋上で施工する場合は、脱気筒と呼ばれる装置を等間隔に設置することで、より水分を逃がすことができます。

水分を逃がす能力が高いため、雨漏り対策に大変有効です。下地の傷みや老朽化による漏水リスクを減らすことができます。

ただし、障害物が多く設置されている屋上など場合は、シートの貼り付けが必要な通気緩衝工法での施工は困難です。

②密着工法

既存の下地にウレタン塗料を直接塗布する工法です。下地に傷みが少ない場合に採用されるため、雨漏りを起こしていない、比較的新しい建物の防水加工に適しています。

また、同じウレタン防水でも、通気緩衝工法よりも費用が安価です。業者や材質にもよりますが、1㎡あたり1,500円程の差が出ることもあります。液状の防水材を塗布するため、複雑な形状や凹凸のある場所への施工が可能です。

ウレタン防水のメリット・デメリット

メリット

  • ・継ぎ目の見えない美しい仕上がり。
  • ・太陽光に反射効果を持つ、遮熱塗料の塗布が可能。
  • ・面積が広い屋上では、コストパフォーマンスが上がる。
  • ・ウレタンゴムが持つ弾力性が、下地材料の軽微な伸び縮みに対応が可能。
  • ・材料撹拌後は液体状なので、シート防水などでは対応が難しい立ち上がりなどの箇所への対応が可能。条件によってはウレタン防水でしか対応ができない事もある。
  • ・数年後の補修や改修工事において塗り重ねることが可能。
  • ・歩行可能。

デメリット

  • ・現地調査、特に下地の状況確認が工事の仕上がりを左右するので、ウレタン防水の施工実績の多い、優良防水業者に工事を依頼する必要がある。
  • ・ウレタン防水を紫外線劣化から保護するため、表面にトップコートと呼ばれる保護材が塗られており、そのトップコートを定期的に塗る必要がある。しかし、定期的にトップコートを塗ることで防水層の劣化速度を遅くし、結果的に建物のランニングコスト低下につながる。
  • ・現場で材料を混ぜる為、調合ミスなどが生じないようにチェックが必要。
  • ・経年劣化によりウレタンの弾力性が低下するため、10年程度の周期で防水工事の検討が必要。
  • ・ウレタン材料特有の臭いが発生するため、近隣へ事前に配慮をしないとトラブルにつながる可能性がある。
あわせて読みたいあわせて読みたい
フォームで相談フォームで相談

複数業者に相見積りで
失敗しない防水工事を!

最短20秒で一括見積依頼!

実績のある地元の優良業者を
ご紹介いたします。

フォームで相談 0120-690-287 24時間対応
フォームで相談 0120-690-287 24時間対応

工事前に知っておきたい!プロが優しく解説「防水工事大百科」

全国コネクトグループ支店一覧

お住まいの地域を選んで、防水工事・外壁塗装の費用、相場を知ろう

全国コネクトグループ支店一覧
【サイトご利用上の注意】
※お見積り依頼及び各工事店からのお見積り提示、各種お電話・メールでの相談はすべて「無料」になります。
※工事店の紹介数は最大3社、お客様のご要望に沿って最適な工事店を選定しご紹介しております。
※見積りは提携工事店よりお届けします。より正確なお見積りをお届けするため、詳細の確認で複数工事店からご連絡がいくことがございます。予めご了承ください。
※防水コネクトでは、すでに工事店が決定されている方、最初から契約のご意思が全く無い方などへは、弊社登録工事店の紹介をお断りしております。
※提携の工事店には、過度な営業を控えるよう厳重な注意を行っております。評判の悪い工事店には即時弊社から登録を解除できるものとしておりますので、何か問題がございましたら弊社までご一報ください。
※防水コネクト経由にて防水工事のご契約をいただいた方へは、契約金額に応じてキャッシュバックとしてギフト券を贈呈しておりますので、ご契約が成立次第、規定のフォーマットにて申請くださいますようお願い申し上げます。
(注)当サイトからご紹介の工事店と成約いただいた方には、最大10万円のキャッシュバックとしてギフト券を差し上げております。 対象の方はキャッシュバック申請フォームから申請ください。申請が確認ができ次第、ギフト券を手配させていただきます。(受付期間:契約から6ヶ月間)
地元の業者に一括見積もり依頼
防水コネクト
地元の業者に一括見積もり依頼