知っておきたいシート防水工事の流れと適正なシート防水における工事費用

シート防水は下地条件などによって工法と接着方法が異なりますが、各所の納まりを把握し特に屋上においては風圧などに配慮したシートの固定が必要になります。

ここで各シート防水工事の完了までの流れと目安となる相場価格を把握して適正なメンテナンス工事を行いましょう。

  • かんたん一括見積りで相場を知ろう!

最速1分で簡単見積り比較!実績のある地元の優良業者を【無料】でご紹介いたします。

1.工事コスト検討時に活用したい陸屋根シート防水における標準的な価格相場と完了までの工程の全体像

屋上におけるシート防水はシートの材質や固定方法に加え下地の状況により工事費用は異なってきますが、広面積な屋上においてはコストが低くおさえられ既存がシート防水で施工されており特に問題がなければいるようであればオススメの工法です。


2.屋上におけるシート防水工事費用の相場

特に屋上におけるシート防水は風圧などに配慮した工法を検討しる必要があります。そのシート防水工事の相場は1平米あたり3,000~5,500円と屋上における防水工事の中でもコストパフォーが優れています。その利点を活かす為にもまずは自宅の屋上がシート防水であるかの確認を行いましょう。

シート同士の継ぎ目があったり、円盤のようなものがシートに見えたりするようであればシート防水の可能があります。既存がシート防水で施工してあり大きな剥がれや浮きなどの問題が発生していないようであれば価格的にもシート防水はおすすめの工法です。


屋上のウレタン防水相場
状況 広さ 相場
一般住宅の屋上 50㎡ 150,000円 275,000円
一般住宅のかなり広めの屋上 100㎡ 300,000円 550,000円
マンション1棟の屋上 200㎡ 600,000円 1,100,000円
団地タイプのマンションの屋上 300㎡ 900,000円 1,650,000円


  • かんたん一括見積りで相場を知ろう!

最速1分で簡単見積り比較!実績のある地元の優良業者を【無料】でご紹介いたします。

3.屋上での塩ビシート防水の相場価格の検討に役立つ各工程の内容

それぞれのシート材質や固定工法により施工が異なる屋上におけるシート防水においては、各所のシート固定の納まりやプライマー塗布の確認を工程内でしっかりと行う必要があります。ここで全体的な工事の流れを把握して工事の検討に活用しましょう。


3-1耐久・耐風性に優れた塩化ビニール樹脂シート(接着工法)

耐風性に優れたシート全体を密着させる全面接着工法は。耐久性にも優れたシートを貼り付けて防水を行う工法です。


1-1下地清掃と平滑処理


シート防水との下地との接着性を向上させる為にもゴミを取り除き、下地表面を平滑に整えて行きます。


1-2プライマーと接着剤の塗布


下地調整の確認後ハケなどでプライマーを均一に塗布し、浸透させて行きます。またシート接着剤をシート下面と下地面の両方にローラーやハケでしっかりと塗布します。


1-3塩化ビニールシート防水材の張り付け方法


専用プライマーや接着剤がしっかりと乾燥したかの確認を行いながら、塩化ビニールシートを雨水の流れに配慮しながら貼り付けを行います。


1-4シート全体をローラーで転圧


浮きが発生しないようにまんべんなく上からローラーにて押さえつけて行きます。


1-5端末部や接合部を防水シーリング材、熱や接着剤などで圧着しすき間を埋めて工事の完了


塩化ビニールシート同士の接合部は熱で溶着させ、シート端末部はシーリング材や押え金物を用いて確実に処理し工事は完了です。


3-2.塩化ビニール樹脂シート防水(機械的固定工法)

下地に部分的に接着を行う機械固定方法はどんな工程で工事を施工するのでしょうか。下地処理から完了までの流れを説明します。


2-1塩化ビニール系シート防水の下地処理と補修


防水下地になる場所のゴミや突起物等を取り除き必要であれば補修を行い、表面をなるべく平滑に処理して行きます。


2-2養生シートを専用工具で固定する


下地の影響を塩化ビニールシートに与えないようにするための養生シートを固定して行きます。


2-3塩化ビニール樹脂シートの張り付け誘導加熱ディスクヒーター装置を用いて設置


屋上端部の立ち上がり壁→平面の順番で塩化ビニールシートを特殊な機械を用いて張り付けていきます。


2-4塩化ビニール樹脂シート接合部や端部を溶着


塩化ビニール樹脂シート接合部や端末部をハケで溶着させていきます。


2-5溶着後シーリング材で隙間を埋めて工事完成


上記の溶着後、接合部間のスキ間を埋めるようにシーリング材にて充填を行い工事は完了です。

3-3.合成ゴム系シート防水工法

我が国においては1960年ごろから市場への導入が進んだ合成ゴム系シート防水工法。その合成ゴムシートには加硫ゴム系と非加硫ゴム系の分類があります。


3-1合成ゴム系シート防水工法における下地の処理と清掃


下地の乾燥状態の定期的な確認を行い、塵やゴミを除去していきます。


3-2専用プライマーの塗布


プライマーを十分に混ぜ下地に馴染ませるように塗布していきます。


3-3合成ゴム系シート裏面と下地の両方に接着剤を塗布。尚機械的固定工法の際は鋼板盤とビスで固定を行う。


合成ゴム系シートの重ね幅をしっかりと確認しシートをヨレが発生しないように貼り付けていきます。


3-4シート面の全体にローラーを当てしっかりと転圧する


シート相互間に無駄な隙間が発生しないようにしっかりとローラーで転圧を行っていきます。


3-5合成ゴム系シート接合部や端末部はシーリング材などを使用して水が入り込まないようにする


合成ゴム系シート接合部は、接着剤をしっかりと塗り適切な時間放置させます。またシーリング材を充填しシート端末部分をしっかりと防水処理します。


3-6仕上げ用の塗料を塗布して合成ゴム系シート工事は完成


全面的に施工点検を行い、各種防水シート材に対応した仕上げ塗料を均一に塗布して工事は完了します。

  • かんたん一括見積りで相場を知ろう!

最速1分で簡単見積り比較!実績のある地元の優良業者を【無料】でご紹介いたします。

4. プラス効果が望めるシート防水材料のご紹介

信頼性のある合成ゴム系シート防水を施工する際に求められる諸条件をクリアーしながらもプラス効果が期待できる2つの防水材料のご紹介です。


4-1露出仕上げ用プラストシート

様々な下地条件に対応可能な露出仕上げ用の合成高分子系加硫ゴムシート防水です。標準的な接着工法のみならず、通気シートを積層した工法にも使用が可能です。


4-2美しい屋上を演出するビュートップ VT-M920

高い反射効果や防滑性能などの保護塗料に求められる要件に対応しながらも、美しい仕上げ演出を可能にするビュートップ。


5.屋上におけるシート防水の相場価格のまとめ

施工範囲の広い屋上の場合においてはコストメリットが望める合成ゴム系シート防水はオススメになります。しかし劣化事例としてひび割れが起こったり、経年劣化により粘着がなくなると風でシートが煽られたりします。

工事費用を抑えるためにも既存の防水の劣化が進む前にメンテナンス工事を心がけましょう。その為にはまずは定期的に屋上の掃除をしましょう。そうした時にひび割れや剥がれがあった際には防水コネクトまでお問い合わせください。無料で見積もり致します。

  • かんたん一括見積りで相場を知ろう!

最速1分で簡単見積り比較!実績のある地元の優良業者を【無料】でご紹介いたします。