陸屋根戸建て住宅の防水工事を行う際に注意したいポイントを8項目で解説

陸屋根型の戸建て住宅の屋上は勾配が付いた屋根の建物に比べ、出入りが可能な形状が多く洗濯物を干すことや植物を育てるスペースに当てる事を目的として計画されて方も多いて思います。

その陸屋根に施工されている材料も歳月の経過とともに防水機能が低下しますので定期的な点検やメンテナンスが必要になります。ここで陸屋根防水工事の検討時に大切な8つのポイントを押さえていきましょう。

目次

  1. 陸屋根型の戸建て住宅で大切な防水工事ついて
  2. 陸屋根タイプの戸建て住宅で防水工事をする前に確認しておきたい大切な事
    1. 屋上防水依頼予定面に何か障害物と成る設備がないかの確認
    2. ルーフドレンに不具合がないかの確認
    3. パラペット周りのチェック
    4. 笠木(かさぎ)部分の腐食状況の確認
    5. 既存の屋上防水工法が何なのかを確認
  3. 陸屋根タイプの戸建て住宅の屋上防水工事の種類
    1. 陸屋根の屋上ウレタン防水
    2. 陸屋根の屋上シート防水
    3. 陸屋根の屋上FRP防水
  4. 戸建て住宅の陸屋根タイプにおける屋上の防水工事の相場価格
    1. 陸屋根の屋上ウレタン防水工事における相場価格
    2. 陸屋根のシート防水
    3. 陸屋根のFRP防水
  5. 戸建てベランダ・バルコニー防水工事をする際に確認すること
    1. 障害物が無いかの確認
    2. 業者さんが入るので掃除をしましょう
    3. 見る限り気になるところをまとめておきましょう
    4. 何か物を置く可能性がある場合には事前に洗い出しましょう
    5. ドレン、排水周りの不良を確認
    6. 現在の防水種類の確認
  6. 戸建てのベランダ・バルコニーの防水工事の種類
    1. ベランダ・バルコニーのウレタン防水
    2. ベランダ・バルコニーのシート防水
    3. ベランダ・バルコニーのFRP防水
  7. 戸建て陸屋根の雨漏り原因について
    1. ルーフドレンの詰まりが原因
    2. 防水シートの剥がれや劣化が原因
    3. 笠木(かさぎ)の劣化が原因
    4. パラペットのつなぎ目の隙間が原因
  8. 戸建て陸屋根の防水工事のまとめ
  • かんたん一括見積りで相場を知ろう!

最速1分で簡単見積り比較!実績のある地元の優良業者を【無料】でご紹介いたします。

1.陸屋根型の戸建て住宅で大切な防水工事ついて

陸屋根型の建物は大屋根を有効に使えるため最近ではソーラーパネルをご検討の方や、屋上に趣味のガーデニングを設けるなど屋上スペースを様々な用途への使用が可能です。または屋上から見える景色が良く立地条件によっては地域の夏祭りの花火大会などを楽しむ方もいると思います。

その陸屋根に施工されているウレタン防水をはじめとする防水材は定期的に工事を行う事により機能が保たれる性質がありますので、定期的な点検や補修などはとても大切になります。ここでその防水工事の事前検討時に大切なポイントを確認しておきましょう。


2.陸屋根タイプの戸建て住宅で防水工事をする前に確認しておきたい大切な事

既存の建物を継続して使用する事に対する近年の需要状況になり戸建て住宅を専門とする防水業者も増加傾向にあります。その中で適正な工事価格で信頼の置ける工事を業者に依頼する為に既存の防水の傷み度合いなどの状況をお客様ご自身で確認する事は相談を行う上で欠かせません。

確認可能であればまずはご自宅の防水の劣化状況を確認しましょう。その際に必要なポイントをここで確認しておきましょう。

しかし高所における点検は危険を伴いますので、無理をせずに専門家に相談や見積書と同時に点検を依頼する事をおすすめします。


2-1.屋上防水依頼予定面に何か障害物と成る設備がないかの確認


防水補修やメンテナンス工事見積書の項目において、防水工事以外に計上される項目として下地処理以外に防水施工面の設備移動費や撤去費があります。

打ち合わせをスムーズに進める為にも屋上に設置してある物置のある程度の大きさや、植栽の個数などを把握しておくと良いでしょう。ここで見積書において追加費用に計上されやすい各設備を確認しておきましょう。


2-2.ルーフドレンに不具合がないかの確認


陸屋根には雨水を流すためのドレンが取り付けてありますが、そのドレンのつまりによって漏水が発生しその部分の補修費が発生することも考えられます。


2-3.パラペット周りのチェック


陸屋根の端部にはパラペット周辺は防水機能にとって大切な場所になりますので、その周囲に物置などが設置してあると工事前や工事中に移動の必要があり、移設費が発生することもあります。


2-4.笠木(かさぎ)部分の腐食状況の確認


躯体部材を保護している笠木は部材や劣化状況により腐食が発生しますので、まずは現状の確認を行いましょう。


2-5.既存の屋上防水工法が何なのかを確認


簡単に見積金額の算出方法を説明しますと、「面積」「下地状況」「既存の防水工法」「仮設費用」「その他費用」からなりますので、既存の防水工法を知る事は見積もり金額の相談において欠かせない項目と言えます。

しかし陸屋根の戸建て住宅においては様々な防水工法で施工されていますので次の項目で特徴を押さえていきましょう。

  • かんたん一括見積りで相場を知ろう!

最速1分で簡単見積り比較!実績のある地元の優良業者を【無料】でご紹介いたします。


3.陸屋根タイプの戸建て住宅の屋上防水工事の種類

陸屋根タイプの屋根は屋上のスペースを有効活用できますが、一年を通じて歩行による衝撃や天候による劣化が進みやすい箇所でもあります。ここで陸屋根タイプの屋上で多く利用されている3つの防水工法を見ていきましょう。


3-1.陸屋根の屋上ウレタン防水

ウレタンゴムの特性を活かし下地の動きにも追従し、施工方法によっては防水層の上を直接歩ける軽歩行仕様にする事も可能です。


ウレタンゴムの持つ弾力性を活かした陸屋根におけるウレタン防水

3-2.陸屋根の屋上シート防水

新築の多くの陸屋根タイプの屋上で施工されているシート防 水は、メンテナンス工事においても既存がシート防水で施工されているようであればコスパに優れています。


施工条件次第で陸屋根タイプの戸建て屋上防水で広く利用されているシート防水

3-3.陸屋根の屋上FRP防水

陸屋根の屋上にプールや水槽を設ける際に、強化プラスチックから構成される軽量で強度のあるFRP防水は最適な防水工法です。


陸屋根の屋上に特殊な設備を設置する場合に活躍するFRP防水

4.戸建て住宅の陸屋根タイプにおける屋上の防水工事の相場価格

前の項目で防水の種類を紹介しましたが、ここでは実施の見積もり金額に関わってくる各防水工法の相場価格を説明していきたいと思います。


4-1.陸屋根の屋上ウレタン防水工事における相場価格

陸屋根の屋上が今までアスファルトなど他の防水材で施工なされていた建物や、室外機や手摺架台などが多い建雄において価格メリットが得られることがあるウレタン防水工事における相場価格をご紹介します。


コスト重視の密着工法や下地条件に配慮した通気緩衝工法などのウレタン防水の価格・相場

4-2.陸屋根の屋上シート防水工事における相場価格

建物の形状が陸屋根つまり勾配のついていないフラットの形であれば、大きなコストメリットが得やすいのがシート防水です。しかしシート防水での施工業者も多く事前に相場価格を確認しておくことも大切になります。


陸屋根であればコストメリットが得やすいシート防水の相場価格

4-3.陸屋根の屋上FRP防水工事における相場価格

屋上にプールなどの水槽を設ける場合などにも対応が可能なのがFRP防水です。陸屋根の屋上をユニークな目的の場合に有効なFRP防水の相場価格をご説明いたします。


多くの使用目的に対応できるFRP防水の相場価格
  • かんたん一括見積りで相場を知ろう!

最速1分で簡単見積り比較!実績のある地元の優良業者を【無料】でご紹介いたします。


5.戸建てベランダ・バルコニー防水工事をする際に確認すること

外部の施設の中でも洗濯を行う際など比較的使用頻度の高い戸建て住宅におけるベランダやバルコニー。その箇所の防水工事や見積依頼する際には事前に確認しておくと打ち合わせなどがスムーズに行えるポイントがあります。


5-1.障害物が無いかの確認


生活感の出やすいベランダ・バルコニーでは、レジャー用品など置いてある方も多いと思います。より正確な防水確認や診断を行う際には弊害となる事もございますので、まずは障害物の有無確認を行いましょう。


5-2.業者さんが入るので掃除をしましょう


障害物の確認を合わせて可能であれば事前に軽度の清掃を行うことをお勧めします。掃除を行うことで普段気が付かなかった防水部の亀裂などを確認できる事もあるので、以降のお打ち合わせの際に業者に確認をしてもらう事にもつながります。


5-3.見る限り気になるところをまとめておきましょう


建物の外部の環境は紫外線や雨など建物の経年劣化を進行させる要因が多くあり、予想以上に劣化進行が進んでいる事があります。業者との打ち合わせをスムーズに行う為にも、まずは見える範囲で気がついた点などをリストアップしておきましょう。


5-4.何か物を置く可能性がある場合には事前に洗い出しましょう


防水工事や外部の工事を依頼する際に、ベランダを整頓に保つ為に物置を設置したいなど工事後に新たに何か物を設置する場合には事前に伝えるようにしましょう。工法によっては設置できる物が限られる場合や、補強が必要になる場合もあるので洗い出しを行なっておきましょう。


5-5.ドレン、排水周りの不良を確認


ドレンと呼ばれる雨などの水を流す設備にはゴミが詰まっている場合や、プランターから流れ出た土が溜まっている場合があります。つまりによる漏水事故の報告もありますので定期的に確認を行いましょう。


5-6.現在の防水種類の確認


防水種類の選定には既存の防水が何であるかに左右される事があります。防水の価格や工法のメドを立てる為にもまずは防水の確認を行いましょう。判断が難しい場合には、傷み具合の点検だけでも行なっておきましょう。


6.戸建てのベランダ・バルコニーの防水工事の種類

戸建て住宅におけるベランダ・バルコニーは日常生活の中でも使用頻度が高く、さらに立地条件によっては紫外線の影響も受けやすく防水が比較的傷みやすい箇所でもあります。ここで戸建て住宅で使用される防水工事の種類をチェックしておきましょう。


6-1.ベランダ・バルコニーのウレタン防水

防水層の形成においてとても大切な厚みの確保が比較的容易でありながらベランダ・バルコニーにおいても美しい仕上がりが可能なのがウレタン防水になります。そのウレタン防水の持つ工法や特徴を確認しておきましょう。


ベランダ・バルコニーでも美しい仕上がりが可能なウレタン防水の特徴

6-2.ベランダ・バルコニーのシート防水

広めのベランダ・バルコニーにおいて多く使用されているシート防水は、材質や工法によりシートの固定方法などが異なります。ここでシート防水の特性や利点をチェックしておきましょう。


ベランダ・バルコニーでのシート防水の確認事項

6-3.ベランダ・バルコニーのFRP防水

新築のみならずメンテナンス工事においても使用される事が多いFRP防水は強度な防水が可能でありながら、仕上げカラーも豊富です。ここでベランダ・バルコニーのFRP防水の特徴を確認しておきましょう。


ベランダ・バルコニーにおけるFRP防水のチェックポイント

7.戸建て陸屋根の雨漏り原因について

戸建て陸屋根には様々な防水材が施工されていますが、その防水材も永久的な物ではなく歳月の経過と共に劣化していきます。耐用年数から時間が経過した建物の場合には雨漏りが発生する事があります。ここで主な雨漏り原因を見ていきましょう。


7-1.ルーフドレンの詰まりが原因

ルーフドレンと呼ばれる水を流す設備がつまり室内に水が侵入する事があります。多くの原因が考えられますがここで確認しておきましょう。


排水設備・ルーフドレン詰まりから漏水が発生

7-2.防水シートの剥がれや劣化が原因

防水材には耐用年数がありますが、劣化が進んだ防水シートなどは端末部や接合部から剥がれが発生しその部分から徐々に水が侵入する事があります。長年その状態のまま放置すると他の箇所へも悪影響を与える事もあります。


早めに対処をしたい防水シートの剥がれからの漏水

7-3.笠木(かさぎ)の劣化が原因

多くの建物の端部には笠木が設置してありますが、その部分からも室内への水の進入の原因となる事もあります。事前に確認していきたいポイントを見ておきましょう。


以外に多い笠木付近の劣化原因による漏水

7-4.パラペットのつなぎ目の隙間が原因

笠木同様に建物端部にはパラペットがありますがその継ぎ目や周辺部分が経年と共に劣化し本来機能していた防水機能が失われ漏水につながる事があります。


パラペット周辺からの漏水原因

8. 戸建て陸屋根の防水工事のまとめ

屋上を有効に利用したい方や、デザインとして陸屋根を希望する方など色々な理由から陸屋根は採用されていますが、その陸屋根に施工されている防水材は他の設備と同様に経年と共に劣化が進みます。
建物機能を健在に保つ為にも定期的な点検やしっかりとしたメンテナンスは必要になります。
初めての防水工事をご検討の方から優良業者を比較してご検討した方まで防水コネクトにご気軽にご相談下さい。

  • かんたん一括見積りで相場を知ろう!

最速1分で簡単見積り比較!実績のある地元の優良業者を【無料】でご紹介いたします。