建物の機能性維持と外壁の美しさを保つ防水塗装とその相場価格

塗装材は様々あり多くの業者が提案を行っておりますが、適切な価格で防水塗装工事を依頼する為には、各材料が持つ耐候性や追従性さらに工程の流れなどの特性を理解する事は効率的な検討方法で、しいては相場価格の理解にもつながります。

  • かんたん一括見積りで相場を知ろう!

最速1分で簡単見積り比較!実績のある地元の優良業者を【無料】でご紹介いたします。

1.建物の美しさと防水性能を保つ外壁の防水塗装の価格・相場

日本は他国に比べ地震が多く台風などの上陸もあり、外壁の塗装工事を検討する際にも、その影響による建物にかかる動きを考慮することも大切なポイントになります。このようなことを踏まえて外壁塗料を選択する際に、経年の動きによって外壁に発生する軽微なクラックに追従性能をある防水塗料を検討リストに入れる事をオススメします。伸縮性のある防水塗料はひび割れや広がりを防ぐ事にも有効に働きます。

弾力性のある弾性塗料と呼ばれる塗料を相場価格に合った適切な工事費用で依頼する為にも、工程などを知り工事の全体像を把握する事はとても大切になります。


2.施工業者により価格が大きく異なる外壁の防水塗装の価格・相場

水などの不具合のない建物機能を維持した心地良い生活を送る為には定期的なメンテナンス工事は欠かせません。しかし外壁工事においては、新築工事が伸び悩む一方でメンテナンス工事が増加しそれに伴い年々塗装業者増加傾向にあり、多くの塗装業者が見積や提案を行なっており施工する業者により大きく価格が異なります。


一般住宅 外壁防水 シリコン系塗料 相場
状況 外壁面積 相場
20坪の住宅 80㎡ 200,000円 280,000円
30坪の住宅 120㎡ 300,000円 420,000円
40坪の住宅 160㎡ 400,000円 560,000円
50坪の住宅 200㎡ 500,000円 700,000円


マンション 外壁防水 シリコン系塗料 相場
状況 外壁面積 相場
3階建てマンション 780㎡ 1,950,000円 2,730,000円
4階建てマンション 1000㎡ 2,500,000円 3,500,000円
5階建てマンション 1300㎡ 3,250,000円 4,550,000円
6階建てマンション 1600㎡ 4,000,000円 5,600,000円


塗装は材質やメーカー並びに既存の劣化状況によって価格が変動しますが、標準的なシリコン系で依頼した場合、防水塗装の相場価格は2500~3500円になります。この価格は塗装のみの値段になりプラスして建物の汚れをとる水洗い費用や養生費、足場仮設費用が加えた金額が外壁防水工事費用の合計になります。

このような市場状況下でも適切な工事と費用で依頼する為に役に立つ工事の流れを次の項目で確認していきましょう。

  • かんたん一括見積りで相場を知ろう!

最速1分で簡単見積り比較!実績のある地元の優良業者を【無料】でご紹介いたします。


3.快適な生活を維持につながる外壁の防水塗装工事の完了までの流れと施工方法

建物の性能維持に欠かせない外壁の防水塗料工事はどのような工程の流れで完了するのでしょうか。施工内容や手順は既存の建物の劣化状況や材質によって異なりますが、防水塗装において大切なポイントを記載しましたので参考にして頂きながら一般的な防水塗装工事の施工方法を確認していきましょう。


3-1仮設足場工事と飛散防止シートの設置


2・3階などの高所における壁塗装工事においても安全で安心な防水塗装工事を行う上で大切になる仮設足場を組み立てて行き、その後塗装が隣接する建物に飛散しないようにシートの設置を行います。


3-2 今までついた汚れを一気に洗浄


これまでに付着してしまった外壁についた汚れを高圧洗浄機で綺麗に落としていきます。この際に必要とされる14.7MPaの高圧を確認しながら作業します。


3-3大切な下地調整


防水塗装工事の接着性の確保で大切になる下地の処理を行って行きます。今までに発生したクラックなどの割れやカケ部分などの補修を丁寧に行い、表面を平滑にして行きます。

ここまでの高圧洗浄と下地調整の一連の作業が下地処理の工程になり塗装の仕上げを占う上でもとても大切になります。しかし手間や経験を必要とする為安易に済ましてしまう業者もおり、そのような業者は手抜き作業が発生している可能性があります。


3-4綺麗な仕上げに欠かせない塗装養生


養生とは塗装を行わない窓や手すりなど建設設備を塗料で汚さないようにビニールシートやマスキングテープで保護する作業です。この作業が後の仕上げ工程につながって行きますので仕上げのイメージを持ちながら養生を行って行きます。


3-5防水塗装下塗り


外壁防水の積層は3工程からなり、下塗り→中塗り→上塗り順で各工程で所定の厚みに成るように塗り重ねて行きます。その中でもはじめに行う下塗りは塗り重ねを行う塗装の接着を良くすると共に、下地の処理効果もあります。またこの作業をしっかりと行うことで膨れの抑制にもつながります。


3-6防水塗装の1層目になる中塗り工程


基本的に中塗り材料と仕上げになる上塗り材料は同じ防水塗料を使用します。この中塗りの工程を1層目と言われることがあります。


3-7防水塗装の仕上げになる上塗り


一般的に中塗りと同じ材料の上塗り材は塗り割れ懸念されますが、乾燥した中塗り材料と撹拌を行なった塗装作業中の上塗りは光沢が異なりますので塗り忘れに注意しながら作業を行います。また色に応じて中塗りと上塗りの塗装色を変えることも塗り忘れに有効で、塗り忘れによる工事後の劣化防止にも役立ちます。


3-8塗装の仕上げ確認と養生材撤去


塗装を行わない部分を保護していた養生材を丁寧に撤去して行きます。その際に塗装の仕上げ確認を行い必要であれば補修を行うます。


3-9 仮設足場の解体


作業を行なった場所の確認を行い、汚れがあれば清掃を行います。足場を解体してしまうと補修が行うない上に追加で足場費用が発生することもあるので、足場撤去の日から換算して余裕を持って気になる点や疑問点があれば申し出るようにしましょう。その際に施工面の大きい外壁防水工事は天候により仕上げの見え方が変化しますので天候の良い日中に複数回確認を行うことがポイントです。


3-10工事完了と最終清掃


最後に、グレーや緑色の防水保護材であるトップコートを塗って通気緩衝工法は完了です。


  • かんたん一括見積りで相場を知ろう!

最速1分で簡単見積り比較!実績のある地元の優良業者を【無料】でご紹介いたします。

4. 2つの防水塗料の特徴と材料の相場価格

建物の維持や保全において屋上やベランダのみでなく外壁おいて発生するクラックなどに対して有効に働く必要な防水機能は、どのような外壁塗装材で弾性機能がある塗装が対応可能なのでしょうかここで2つの防水塗料材とその特徴をご紹介いたします。


4-1高品質な単層弾性日本ペイント DANシリコンセラR

最先端のシリコン技術で従来型には無い長時間での光沢保率を維持し高い耐久性を実現しながら、弾力性能が壁に発生するヘヤークラックに追従することで高い防水性能の維持を可能にしたDANシリコンセラR。材料のみの標準参考価格は1缶15kgで12000円。


4-2雨や排ガスなどの外的要因の対抗に優れたアサヒペン水性シリコンアクリル外カベ用

水性の特殊フッ素樹脂、シリコン架橋システムで酸性雨や排気ガス及び紫外線などの外的要因に対して強さを発揮し、紫外線劣化の相乗効果により外壁が汚染しにくく耐久性に優れた高性能シリコンアクリル外カベ用塗料です。各種サイディングカベの塗り替えに最適な塗りやすい塗料です。材料のみの標準参考価格は1缶8kgで11000円。


5.外壁の防水塗装の工事内容と価格・相場のまとめ

適切な建物機能を保つためにも必要な防水塗装メンテナンスは10年に1度の周期で塗り替えを行う必要があります。しかし費用は仮設費用などの付帯費用を含めるとそれなりの金額になります。無駄な費用を抑え相場価格と乖離のない適切な施工と価格で依頼するためにも下地状況に対する適正な材料や塗装工程の選定などを防水業者に相談する必要があります。

しかし普段の生活の中で建築における専門用語を使わない人にとって漏水に対する不安や早期の防水塗装補修に対する悩み相談することは容易ではありません。そうした場合にも、防水コネクトが間に入ってお客様のご要望をさらに詳細にして業者さまにお伝えさせて頂きます。お気軽にお問い合わせください。

  • かんたん一括見積りで相場を知ろう!

最速1分で簡単見積り比較!実績のある地元の優良業者を【無料】でご紹介いたします。