【完全無料・迅速対応】防水工事の価格、一括見積もり比較「防水コネクト」
無料24時間対応
地元の業者に一括見積もり依頼
0120-690-287

シート防水工事の見積書の見方を3項目でまとめて解説

シート防水工事は広い施工面積でもコストパーフォマンスが期待でき工場で形成されてくる防水シート材は信頼性の高い防水施工の形成が可能です。

しかし材料による価格差が発生しづらい反面、施工手間による価格差が生じやすく見積書を見る際にいくつかのチェックポイントがあります。

1. 適正な価格で工事を依頼する為に必要なシート防水工事見積書の見方について

ベランダや屋上に施されているシート防水を見ると単純にシートを貼り付けているように見えますが、シート防水の継ぎ目処理や固定金具の取付け方法など工程が別れておりそれを踏まえた上で見積を確認することでトラブルを防ぐ事につながります。
 
ここで適正な価格でしっかりとしたシート防水工事をする為にも各工程の概要と見積書を見る際のチェックポイントを抑えておきましょう。



2. シート防水の見積書で見るポイント

業者から見積書をもらい、真っ先に確認するのは「工事にいくらかかるか」という方が多いようです。しかし、見積りの費用だけではなく、その内訳の項目を調べて適切な工事が予定されているかを確認することも大切です。「専門的な話はわからない」とご不安な方は、以下の8つのチェックポイントを参考にしてみて下さい。


2.1 ポイント1:下地を洗う高圧洗浄

年数が過ぎた屋上やベランダなどは一見すると綺麗に見えても堆積した土埃やゴミが結構溜まっているものです。シート防水施工に際して接着性を得る為にも下地をきちんと清掃する必要があります。

ここをチェック!
下地状況によっては高圧洗浄を行わないこともあるので、洗浄費用が項目として記載されているかどうかの確認をし、記載が無い場合にはどのように下地処理を行うのか業者に問い合わせてみましょう。


2.2 ポイント2:ひび割れ部分などの下地補修

シート防水は大きくひび割れなどが発生し凹んでいる下地のままシートを張り込んで行くとその凹部に水が溜まりやすく経年劣化の進行を原因につながることもありますのでひび割れなどの部分はシートの貼り付け前に補修を行います。

ここをチェック!
下地補修と記載されていても建物の状態によって金額や内容がとこなりますので、どのような処理で下地補修を行うのかを業者さんに確認しましょう。この段階で業者さんと話をしておくことで全体の工事の流れや他に必要かもしれない追加工事などの確認見落としが無いようにお話を進める事ができるでしょう。


2.3 ポイント3:シート防水用プライマーの(下塗り材)塗布

下地を整えてシート防水の接着をよく為にもシート防水用のプライマーを施工面に塗布して行きます。その際にプライマーの機能低下につながる降雨や結露がないタイミングで施工を行います。

ここをチェック!
シート防水のプライマー項目はシート防水施工の項目に記載されていることがあります。しかし業者によってはプライマー自体を施工しない業者もいるのでプライマーの項目が記載されているかの確認を必ず行うようにしましょう。

幅1mほどのシート防水材をシワやたるみが発生しないように注意しながら貼り付けを行って行きます。シートの貼り合せ部分から漏水が発生しないようにきちんと止水処理を行いながら施工して行きます。

ここをチェック!
屋上においては端部が、ベランダ・バルコニーにおいては室内側や外側に立ち上がりが設けてありその部分からも漏水の心配があるのでシート防水を貼り付けて行きますが、見積書においては平面の面積と同じ項目のシート防水施工に記載されることもあるので立ち上がり部分の面積も含まれているかのチェックをしましょう。



2.5 ポイント5:端部や継ぎ目からの水の侵入を防ぐシーリング

シートの重なりや接着部または端部の部分などからの水の侵入を防ぐ為に各所でシーリング処理を行います。

ここをチェック!
施工面積や施工箇所が少ない場合には、1式と表示されることもありますのでその際はどこをシーリング処理してくれるのか確認をしましょう。


2.6 ポイント6:シートをディスク型の設備で固定

屋上やベランダなどに敷き詰めたシート防水材が飛散しないように専用の器具を使用して固定して行きます。この工程は階高の高いマンションや大型の工場の設備など強い風が予想させる箇所では大切になる工程なので施工中に業者にしっかりと管理してもらう必要があります。

ここをチェック!
シート防水の固定方法や固定数は飛散や剥離防止の観点から各シートメーカーによって推奨している事があります。施工業者によっては施工面積に比べて極端に固定箇所が少ないこともあるので施工中の管理がしっかりとしている業者にお願いするようにしましょう。


2.7 ポイント7:移設物などにかかる諸経費

メンテナンスや補修工事におけるシート防水は、工事着手からすぐにシート防水の貼り付けを始められる事は珍しく、下地処理の前にはプランターや植木などの移設作業があります。その作業にかかる費用を抑える為にも見積もりの依頼時にはご自身で移動可能な物がある場合には伝えるようにしましょう。

ここをチェック!
大切にしている植物や物が防水施工面に場合には、工事中の破損によるトラブルを避ける為にもご自身で室内などに移動しておきましょう。また1式表示になることが多い諸経費があまりにも高い場合には見積もりの段階で内容を確認しましょう。


2.8 ポイント8:既存のシート防水や不良部分の下地撤去費用

経年による劣化進行が激しい既存のシート防水や下地は、場合によっては撤去の必要があり費用が発生します。

ここをチェック!
既存のシート防水が健全そうな状態であっても工法などによっては全面撤去や部分的な撤去費用が発生することがあります。部分撤去の場合にはどの範囲撤去までは見積もりに計上されているかの確認を行いましょう。


3. シート防水工事の見積書の見方まとめ

完成した状態のシート防水を見ると複雑な工程や工法がないように見えますが、その工程にはプライマー処理やディスク固定など防水に必要な大切な項目があります。またシート防水は工法によっては部分的な固定に頼る方法もありますが、その際には固定を想定される風力を配慮した数で設置する必要があり施工中も信頼のおける優良な業者に依頼する必要があります。
 
また建物の年数や痛みの状況などによって項目が異なる場合もあるのでご不明な点や、優良企業数社を比較して見積もり取りたい際には防水コネクトまでお問い合わせしてください。

あわせて読みたいあわせて読みたい
フォームで相談フォームで相談

複数業者に相見積りで
失敗しない防水工事を!

最短20秒で一括見積依頼!

実績のある地元の優良業者を
ご紹介いたします。

フォームで相談 0120-690-287 24時間対応
フォームで相談 0120-690-287 24時間対応

工事前に知っておきたい!プロが優しく解説「防水工事大百科」

全国コネクトグループ支店一覧

お住まいの地域を選んで、防水工事・外壁塗装の費用、相場を知ろう

全国コネクトグループ支店一覧
【サイトご利用上の注意】
※お見積り依頼及び各工事店からのお見積り提示、各種お電話・メールでの相談はすべて「無料」になります。
※工事店の紹介数は最大3社、お客様のご要望に沿って最適な工事店を選定しご紹介しております。
※見積りは提携工事店よりお届けします。より正確なお見積りをお届けするため、詳細の確認で複数工事店からご連絡がいくことがございます。予めご了承ください。
※防水コネクトでは、すでに工事店が決定されている方、最初から契約のご意思が全く無い方などへは、弊社登録工事店の紹介をお断りしております。
※提携の工事店には、過度な営業を控えるよう厳重な注意を行っております。評判の悪い工事店には即時弊社から登録を解除できるものとしておりますので、何か問題がございましたら弊社までご一報ください。
※防水コネクト経由にて防水工事のご契約をいただいた方へは、契約金額に応じてキャッシュバックとしてギフト券を贈呈しておりますので、ご契約が成立次第、規定のフォーマットにて申請くださいますようお願い申し上げます。
(注)当サイトからご紹介の工事店と成約いただいた方には、最大10万円のキャッシュバックとしてギフト券を差し上げております。 対象の方はキャッシュバック申請フォームから申請ください。申請が確認ができ次第、ギフト券を手配させていただきます。(受付期間:契約から6ヶ月間)
地元の業者に一括見積もり依頼
  • フォームで相談 かんたん20秒
  • 気軽に電話で相談
防水コネクト
地元の業者に一括見積もり依頼
  • フォームで相談 かんたん20秒
  • 気軽に電話で相談