【完全無料・迅速対応】防水工事の価格、一括見積もり比較「防水コネクト」
無料24時間対応
地元の業者に一括見積もり依頼
0120-690-287

FRP防水工事の見積書の見方を3項目でまとめて解説

数ある防水材の中でもカラーバリエーションが豊富で、平滑で美しい仕上がりが可能なFRP防水。尚且つ仕様によっては車が歩行するような場所での防水施工まで強靭な防水層の形成が可能な防水材です。

ここでFRP防水工事の見積書を見る際に抑えておきたいいくつかのポイントがありますので確認しておきましょう。

1. FRP防水見積書の見方について

歩行に耐えられる強靭な防水層が可能なFRP防水は、一般住宅のみでなくマンションのベランダやバルコニーなど幅広く使用されています。そのためFRPでの提案や工事を行う業者も多く工事の価格が業者により異なり工事を依頼する際にいくつか注意が必要です。

その為には抜けのない行程で適切な価格であるかどうかの確認を見積もりの段階で確認する必要があります。ここでFRP防水見積書の見方について見ていきましょう。



2. FRP防水の見積書でおさえる7つのチェック事項

見積書を渡してすぐに「契約してもらえますか?」と急かす業者もいますが、そこで即決してはいけません。下記のFRP防水の見積書でチェックしたい7つの項目がきちんと記載されているか、それらの費用は適正かどうか、まずはたっぷり時間をかけて確認してみましょう。失敗しない防水工事のための第一歩です。


2.1 ポイント1:長年の汚れを落とす高圧洗浄

ベランダやバルコニーに施工されているFRP防水の上には、土埃のみでなく洗濯機などから流れ出た水などに汚れが付着しています。見た目以上に汚れている施工面をまずは高圧洗浄で綺麗に洗い流していきます。

ここをチェック!
FRP防水の接着性を確保する為にも下地清掃はとても大切ですので、高圧洗浄の項目が入っているかどうかの確認を行いましょう。


2.2 ポイント2:施工面のヒビなどの下地補修

FRP防水施工面に大きなヒビや割れがあると、せっかく綺麗にFRP防水を施工しても数年後同じ箇所にヒビが発生することがありますのでFRP防水塗布の行程の前に補修を行います。

ここをチェック!
下地補修がたくさんある場合にはその分補修費用も大きくなります。場合によっては他の防水検討する必要があるかもしれません。無理にFRP防水のみを進めてくる際にはその理由を問い合わせてみましょう。


2.3 ポイント3:FRP防水のプライマー(下塗り材)塗布

工事後のトラブルで防水がすぐに剥がれてきたという事があります。その原因で考えられるのがこのプライマーが施工されていなかったり、しっかりと塗られていなかったりする事があります。その為プライマーはFRP防水で大切なポイントになりますのでしっかりと施工を行う必要があります。

ここをチェック!
FRP防水施工面にはプライマーを塗っていきますので、基本的にはガラスマットやFRP防水材塗布の面積と同じになります。


2.4 ポイント4:強度を保つ為に必要なガラスマット

FRP防水に強度を持たせる為にはこのガラスマットの貼り付けが必要になりますが、工事完成後には見えなくなってしまうので見積もり書の段階で行程にきちんと入っているかの確認をしましょう。

ここをチェック!
ガラスマットの項目は業者により記載方法が異なり「FRP防水材塗布」や「FRP塗り工事」などの項目に記載されている事があります。ガラスマット貼り付けの項目が見積書で見当たらない場合にはどの項目に入っているか確認をしましょう。



2.5 ポイント5:トップコートの塗布

FRP防水には度重なる擦れに強いものや、薬品に強さを発揮する物があります。希望する使用目的があれば見積もりを依頼する段階で業者に相談して見ましょう。

ここをチェック!
トップコート面積もプライマー同様に、FRP防水と一般的には同じ数量になりますので、極端に数量が多い場合には業者に確認をしましょう。


2.6 ポイント6:その他諸経費

FRP防水をメンテナンスや補修工事で施工する場合には、施工面に物置や物干し架台などがあり、それらを工事中や前に移設するのに防水工事以外にも諸経費がかかります。

ここをチェック!
諸経費には建物の条件や状態によって値段が変わります。しかし費用があまりも大きい場合に、どのような項目が諸経費に含まれているか確認しましょう。


2.7 ポイント7:不要な物の撤去費用


工事に関して古くなった設備などを一緒に買い換えるお客様もいらっしゃいます。しかしエアコンなどの設備は一般の廃棄物とは異なり費用がかかります。

ここをチェック!
防水工事と同時に他の設備を新しくする事は、全体が綺麗になりお薦めの方法ですが、工事中に申し出ると追加の工事費用の発生も考えられるので予定がある場合には事前に申し出ることも大切です。


3. FRP防水工事の見積書の見方まとめ

強靭な防水層の形成が可能なFRP防水は防水材料が他の施工工法に比べ高いことから最初にかかる施工費用は高めになります。しかし定期的なトップコート塗り直しが可能で、大きな傷みがFRP防水に発生する前にメンテナンスを行うことで防水の長持ちにもつながります。トップコート塗り直しの相談から、全面的なやり替え工事のお見積もりまで防水コネクトまでご気軽にお問い合わせください。

あわせて読みたいあわせて読みたい
フォームで相談フォームで相談

複数業者に相見積りで
失敗しない防水工事を!

最短20秒で一括見積依頼!

実績のある地元の優良業者を
ご紹介いたします。

フォームで相談 0120-690-287 24時間対応
フォームで相談 0120-690-287 24時間対応

工事前に知っておきたい!プロが優しく解説「防水工事大百科」

全国コネクトグループ支店一覧

お住まいの地域を選んで、防水工事・外壁塗装の費用、相場を知ろう

全国コネクトグループ支店一覧
【サイトご利用上の注意】
※お見積り依頼及び各工事店からのお見積り提示、各種お電話・メールでの相談はすべて「無料」になります。
※工事店の紹介数は最大3社、お客様のご要望に沿って最適な工事店を選定しご紹介しております。
※見積りは提携工事店よりお届けします。より正確なお見積りをお届けするため、詳細の確認で複数工事店からご連絡がいくことがございます。予めご了承ください。
※防水コネクトでは、すでに工事店が決定されている方、最初から契約のご意思が全く無い方などへは、弊社登録工事店の紹介をお断りしております。
※提携の工事店には、過度な営業を控えるよう厳重な注意を行っております。評判の悪い工事店には即時弊社から登録を解除できるものとしておりますので、何か問題がございましたら弊社までご一報ください。
※防水コネクト経由にて防水工事のご契約をいただいた方へは、契約金額に応じてキャッシュバックとしてギフト券を贈呈しておりますので、ご契約が成立次第、規定のフォーマットにて申請くださいますようお願い申し上げます。
(注)当サイトからご紹介の工事店と成約いただいた方には、最大10万円のキャッシュバックとしてギフト券を差し上げております。 対象の方はキャッシュバック申請フォームから申請ください。申請が確認ができ次第、ギフト券を手配させていただきます。(受付期間:契約から6ヶ月間)
地元の業者に一括見積もり依頼
  • フォームで相談 かんたん20秒
  • 気軽に電話で相談
防水コネクト
地元の業者に一括見積もり依頼
  • フォームで相談 かんたん20秒
  • 気軽に電話で相談