ベランダ・バルコニーウレタン防水で後悔しない為の相場価格と基礎知識

ベランダ・バルコニーにおけるウレタン防水は、液体状の材料を混ぜてローラーやヘラを使って適切な防水の厚みを確保しながら塗る材料です。その防水層の厚みする為に支障と成る大型の室外機や物置などの特殊なものがあればその分設備移動費などの費用が発生します。

適切な工事価格に知る為にも、事前にベランダ・バルコニーにどのような物を置いてあり、取り外しが可能な物かどうかの確認をしましょう。尚、特殊な物がなければ相場の金額内で工事を行うことが出来ます。

1.適切な工事価格の相場を知ってベランダ・バルコニーを計画する

ベランダ・バルコニーにおけるウレタン防水は、液体状の材料を混ぜてローラーやヘラを使って適切な防水の厚みを確保しながら塗る材料です。その防水層の厚みする為に支障と成る大型の室外機や物置などの特殊なものがあればその分設備移動費などの費用が発生します。

適切な工事価格に知る為にも、事前にベランダ・バルコニーにどのような物を置いてあり、取り外しが可能な物かどうかの確認をしましょう。尚、特殊な物がなければ相場の金額内で工事を行うことが出来ます。





2.ベランダ・バルコニーのウレタン防水の価格・相場

ウレタン防水の主な劣化症状として、防水保護層のみの劣化とウレタン防水層まで劣化が進み剥がれが発生している場合があります。ベランダ・バルコニーのウレタン防水は既存の防水層の劣化進行状況により工法が異なり工事価格も変わってきます。

比較的に既存の防水層の痛みがひどくなく下地処理にかかる施工手間が発生しない場合、密着工法での施工が可能で相場価格は1平米あたり4,500円~6,500円です。一方既存防水や下地状況がひどい場合には、密着工法では施工が難しく通気緩衝工法で施工する必要が有り相場価格は1平米あたり5,500円~7,000円です。


ベランダのウレタン防水相場
状況 広さ 相場
狭めのベランダ 2㎡ 9,000円 13,000円
普通サイズのベランダ 3㎡ 13,500円 19,500円
広いベランダ 4㎡ 18,000円 26,000円
かなり広いベランダ 5㎡ 22,500円 32,500円


バルコニーのウレタン防水相場
状況 広さ 相場
テーブル1つ分のバルコニー 4㎡ 18,000円 26,000円
テーブル2つ分のバルコニー 8㎡ 36,000円 26,000円
テーブル3つ分のバルコニー 12㎡ 54,000円 252,000円
テーブル4つ分のバルコニー 16㎡ 78,000円 104,000円




3.ベランダ・バルコニーにおけるウレタン防水の工程の流れと各施工の相場価格

ベランダ・バルコニーにおけるウレタン防水は下地条件によって、ウレタン防水を下地に全面的に密着させる密着工法と、下地の影響を極力防水層に与えないようにする為に通気シートを貼って施工を行う通気緩衝工法があります。その為、下地条件にあった工法選びが工事後のトラブルを防ぎます。

ここでベランダ・バルコニーにおけるウレタン防水の工事の流れえを押さえてウレタン防水の検討に役立てましょう。




3-1ベランダ・バルコニーにおける通気緩衝工法(つうきかんしょうこうほう)

賃貸マンションなどでは、居住者によって使用方法が異なり既存の防水がひどく傷ついている場合が有ります。また竣工後一度も手入れなされていないベランダ・バルコニーでは経年劣化が進みボロボロになっているケースも有ります。そのような下地状況でも対応が可能なのが通気緩衝工法です。

既存の防水がウレタン以外の防水材でも、条件により対応が可能なウレタン防水通気緩衝工法はどのような工事の流れで信頼できる防水層を形成するのでしょうか。順を追ってみていきましょう。


1-1ゴミ取り、ケレン清掃、既存防水の撤去などの下地処理


防水層に凹凸が発生しないように、ケレンと呼ばれる下地表面を平滑にする清掃を行います。また既存の防水層の痛みがひどい場合には、その部分の撤去し補修を行います。


1-2ウレタン防水用プライマーの塗布(新規の防水塗料の接着をよくする材料)


下地の処理がきちんと行われたかどうか確認しながら、新規に塗る防水材の密着性を向上させるプライマーと呼ばれる材料を塗っていきます。


1-3通気緩衝シートを全体に敷き詰めるよう設置する(通気用の穴が空いたシートをボンドで貼り付ける)


下地の動きや、発生が見込まれる湿気を逃がすための通気緩衝シートをベランダ・バルコニーの平面全体に貼り付けていきます。


1-4通気緩衝用シートが重る部分からウレタン防水が破断しないようにテープで処理する


1m幅の通気緩衝シートに発生するシート同士のジョイント部分にテープを貼り継ぎ目を消していきます。


1-5湿気の逃げ道になる脱気筒を設置する


下地から発生する湿気が通気緩衝シートを通過し、最終的な逃げ口になる筒型の脱気筒の設置を行います。


1-6腰壁の垂直部分の立ち上がり面にウレタン防水材を塗布し、クロス補強行いウレタン防水材をさらに重ねて塗布する


雨の跳ね返りからの漏水を想定した高さまで立ち上がり面にもウレタン防水材を塗布し、クロスを貼り、そのクロスが見えなくなるまで所定の厚みを確保しながら施工を行います。


1-7平面にウレタン防水材が均一になるように塗布する。


ベランダ・バルコニーの平面全体に、極端に薄い防水層が発生しないようにコテなどを使用して均一に塗布していきます。


1-8乾燥後、もう一度ウレタン防水材をコテで均一に塗布していきます。


一度では、所定の厚みの確保が難しくウレタンゴムの弾性が発揮できる厚みが確保ようにさらにウレタン防水を平面の全体に塗っていきます。


1-9トップコートを塗ってベランダ・バルコニーにおける通気緩衝工法の完成


最後に、グレーや緑色の防水保護材であるトップコートを塗って通気緩衝工法は完了です。

3-2.ベランダ・バルコニーにおける密着工法(みっちゃくこうほう)

狭いベランダ・バルコニーにおいても作業性が良く、美しい仕上がりが可能なウレタン密着防水は、下地条件が合えばコスト的にもおすすめ工法です。しかし専門的な知識が無く値段だけにこだわって選定してしまうと、下地に全面的に密着させるため工事後の膨れなどのトラブルの原因にもなり兼ねません。ここで密着工法の流れを理解しそのようなトラブルを事前に防ぎましょう。

既存がウレタン防水材で、下地がしっかりしている状態であればコストパフォーマンスの良い密着工法はどのような工事の流れで水密性を確保した防水層を形成しているのでしょうか。順を追ってみていきましょう。


2-1ゴミ取り、ケレン作業、目地のシーリング充填などの下地処理


ゴミの影響で工事後の膨れにならないように、しっかりと既存下地を清掃していきます。また新規のウレタン防水層と取り合う建物の目地シーリング充填を行います。


2-2防水の密着性を向上させるプライマーの塗布


下地を処理した後、施工面全体に新規ウレタン防水材を密着させるためのプライマーを塗布していきます。


2-3ウレタン防水材をコテやヘラで塗布し、補強布を設置し再度ウレタン防水材を均一に塗布していきます。一般的にこの作業を下塗りと呼んでいます。


プライマーの乾燥後、現場にてウレタン防水に撹拌を行いコテやヘラを使用して全体的に満遍なく塗っていきます。その後クロスを貼り付けそのクロスが見えなくなるまで所定量のウレタン防水材を塗っていきます。


2-4下塗り乾燥後にもう一度ウレタン防材を塗布していきます。上塗りになります。


下塗りの際にムラになってしまった所などを確認と補修を行いながら、ウレタン防水を積層させていきます。


2-4トップコートを塗ってベランダ・バルコニーにおける密着工法の完成


ウレタン防水材の上塗りの感想確認後、紫外線などからウレタン防水層を守るトップコートを塗布して密着工法は完了です。

4. ベランダ・バルコニーで使われる代表的なウレタン材料のご紹介

ベランダ・バルコニーは価格、施工性、仕上げの良さなどから多くの業者が提案や施工を行っております。しかし下地条件を無視した材料の選定は工事後の防水性の低下を招きかねません。ここでベランダ・バルコニーにて使われる代表的なウレタン材料の紹介をしますので、工事計画に参考にして下さい。



4-1下塗りから上塗りまでの工程を1液で可能にしたフローン01

防水材塗布の工程を撹拌ミスの発生しない1液の材料で施工を可能にし、ローラーでもしっかりとした防水材の施工が可能です。またベランダ・バルコニーにおける使用に配慮し雨天時のスリップ防止仕上げです。


4-2日本特殊塗料 ベランダ・屋上防水塗料 プルーフロン 専用プライマー 0.7L

難しいウレタン防水の仕上げを、硬化不要による施工ミスが発生しない1液タイプで可能にした防水材料です。セルフレベリング性に優れ美しい仕上げが可能です。


5.ベランダ・バルコニーにおけるウレタン防水の相場価格のまとめ

ウレタン防水は、部分的な補修が可能でベランダ・バルコニーにおける剥がれなどの劣化サインを見逃さず、早めに処理することで漏水を事前に防ぐことにつながります。またトップコートを定期的に塗り替える事でも劣化進行を遅らせることが出来ます。

ご自宅のベランダやバルコニーの防水工事でしたら広大な面積ではないので、身近な価格帯で防水工事が可能ですのでお気軽にお問い合わせください。また様々な防水工法にも対応可能なのでマンション1棟の大規模な防水工事も承けたまります。

  • かんたん一括見積りで相場を知ろう!

最速1分で簡単見積り比較!実績のある地元の優良業者を【無料】でご紹介いたします。