べランダ・バルコニーのウレタン防水をする際に押さえておく5つの事

普段の生活の中で洗濯物を干す時にベランダ防水の剥がれなどの異変に気づいたことはありませんか?そんな剥がれや膨れ症状が発生しているベランダやバルコニーは、ウレタン防水が劣化してきている証拠かもしれません。ここでベランダやバルコニーの防水で多く使用されているウレタン防水とはどんなものなのでしょうか。ここでポイントをしっかりおさえましょう。

1.そもそもベランダ・バルコニーで使用されているウレタン防水って何?

多くのベランダ・バルコニーで使用されているウレタン防水は、塗膜防水材と呼ばれ現場で混ぜた液体状の材料をその場で塗っていき、弾性の有るウレタンゴム防水層を形成して行く方法です。そのウレタンゴムが持つ弾力性が年間を通じた温度差による下地材料の伸び縮みに対応が可能です。

またシームレス防水とも呼ばれ、継ぎ目のない綺麗な仕上がりが可能でベランダのみではなく屋上防水など広く使用されています。

2.ベランダやバルコニーでも有効なウレタン防水の2つの防水工法

エアコンが設置してあり小スペースのベランダやバルコニーにおいても信頼性のある綺麗な仕上がりが可能なのでウレタン防水が施工されていること有ります。

そのウレタン防水は大きく分けて密着工法と通気緩衝工法という2つ工法があり、この2つの防水工法が持つ意味を理解する事により、実施の防水工事において施工費用が変わってくるのでここでどんな時に使う工法なのか押さえていきましょう。

2-1.密着工法(みっちゃくこうほう)

一人暮らし向けアパートのベランダが狭い事があります。さらにエアコンなどが設置して有り、そういった際や、ベランダに色々と物が常時追いてある場合に向いている工法です。

狭い際にはシートの設置が難しく状況により設置できないので、密着工法にせざるをえません。比較的コストは安くすみますが下地からの影響を受けやすいのが特徴です。


特徴


現場で2つの液体を混ぜて、施工していくウレタン防水材は、その施工性と継ぎ目の発生しない仕上がりの良さから、シート防水ではシートを貼るのが難しい狭いベランダや、アスファルト防水だと塗り込むのが難しいバルコニーの立ち上げ面においても広く対応することが出来ます。また硬化したウレタン防水層の上は、軽歩行も可能なので、新築工事のみならず塗り直し工事でも、多くのベランダやバルコニーで使用されています。


どんな時に使う工法なのか


シート防水やシートを必要とするアスファルト防水は狭いベランダなどの箇所では設置が難しい事が多く、仮にシートが貼れたとしても美しい仕上がりにならないことがあります。その反面、ウレタン防水は施工時に液体状なので施工しやすく自然に平らになる特徴があるのでそのような箇所でも仕上がりが綺麗です。

2-2.通気緩衝工法(つうきかんしょうこうほう)

通気緩衝という聞きなれない言葉ですが、簡単に説明すると通気緩衝シートと呼ばれるシートを貼ることによって防水材の下にあるコンクリートや悪くなった今までの防水材から発生する水蒸気などの水分を逃して(通気)、その下地の影響を受けないように(緩衝)しながらウレタン防水を施工する方法です。


特徴


屋上に比べ周囲からの飛散物等の影響を受けないベランダ・バルコニーでも、通気緩衝シートを貼ることによって歳月の経過で傷んだ状態の防水材や、傷んだコンクリート下地に染み込んだ逃げにくくなった湿気がある状態であっても、その下地から発生する湿気を逃がす事によって防水層の傷みの原因になる膨れの発生を減らすことができる工法です。

またベランダの直下に居住スペースが有る建物も多いので、それほど傷んでいない下地状況でも将来の下地の影響による漏水リスクを減らす目的で、通気緩衝シートをお勧めする場合もあります。


どんな時に使う工法なのか


長年手入れが施されていない悪くなった防水材は、その傷み度合いによって防水施工前に全て撤去しなくてはならない事があります。そのような下地状況であっても、事前の判断から通気緩衝シートを貼ることで極端に悪くなった部分のみの撤去ですみ、他の工法に比べ防水下地の調節にかかる費用が安く抑えることが出来ます。


3.ベランダ・バルコニーにおけるウレタン防水のメリット・デメリット

ベランダやバルコニーに多く使用させているウレタン防水は他の防水工法と何が違うのでしょうか。以下のメリット・デメリットを見て、ウレタン防水を検討しましょう。



メリット


・ウレタン材料の反応硬化時間が比較的早いので工期が短く済む。
・コストパフォーマンスの良い防水工法。
・ウレタンゴムが持つ弾力性が年間を通じた温度差による下地材料の伸び縮みに対応が可能
・施工時に液体状なのでシート防水などでは対応が難しい箇所への対応が可能。むしろ狭いところ向きで選択肢がこれしかない事もある。
・塗膜防水なので、シートの継ぎ目が見えないのでベランダなどでも仕上がりが良い。
数年後の補修や改修工事において塗り重ねることが可能



デメリット


・ウレタン防水を紫外線劣化から保護するために、表面にトップコートと呼ばれる保護材が塗られていますが、そのトップコートを定期的に塗る必要がある。しかし定期的にトップコートを塗ることで防水層の劣化速度を遅くし結果的に建物のランニングコスト低下につながる。
・現場で材料を混ぜる為、調合ミスなどが生じないようにチェックが必要。
・ベランダ・バルコニーでは防水業者の腕により品質が左右される。
・歳月の経緯と共に、ウレタンゴムの持つ弾力性が低下し下地の変化についていけなくなるので、周期的に防水工事の検討が必要
・集合住宅でベランダ・バルコニーのウレタン防水を施工する場合、ウレタン材料特有の匂いが有り、事前に周囲への配慮をしないと近隣トラブルにつながる事がある。


4. ベランダ・バルコニーのウレタン防水は耐用年数が10年~12年!

ベランダやバルコニーに限らず一般的に使用されているウレタン防水は時間の経過とともにゴム成分の持つ弾力性が低下し下地の動きに付いていけなくなるので耐用年数は10年から12年ですが、日常生活の中で、プランターから出る土や落ち葉などの掃除を行いドレンと言われる排水設備の詰まりによる水溜りの原因を作らない事が長持ちさせる秘訣です。

またウレタンゴム自体は紫外線に弱く、防水の保護機能を果たすトップコートが塗られていますが、ベランダは人が歩行するため傷が発生しやすく定期的にトップコートを塗る必要があり、基本的には、トップコートを5年に1回を目安に塗装する必要があります。



5.ベランダ・バルコニーでのウレタン防水のまとめ!

その施工性の良さからベランダ・バルコニーで一番多く使用されていると言っても過言ではないウレタン防水は、広く普及し多くの業者が提案や施工を行っており。

また屋上がウレタン防水で施工されているケースが多いですが、そのウレタン防水の施工は現場で材料を混ぜるなど防水業者に品質が左右されるので、しっかりとした防水層の形成技術のある腕の良い防水業者に頼む必要があります。優良業者を比較しながら選べる防水コネクトに雨漏れに対する不安や、心配に思っていることを相談してみましょう。


  • かんたん一括見積りで相場を知ろう!

最速1分で簡単見積り比較!実績のある地元の優良業者を【無料】でご紹介いたします。