屋上のシート防水工事の検討時に、事前に知っておきたい大切な5つの事

屋上の防水工事において、アスファルト防水工事を始め多くの工事種類があり実際のところどんな条件に適しているかの説明が少なく迷ってしまう方が多いようで、シート防水についてもっと詳しく知りたいと言うお問い合わせが多くあります。

ここで屋上のシート防水検討時に、事前に知っておくと便利な大切な5つのポイントをご説明します。シート防水の基本を理解し防水工事を検討しましょう。

1.屋上で施工されているシート防水におけるゴムシート防水と塩化ビニールシート防水の違い

50硬化が発行された1955年頃から海外製のシート材の輸入が始まり、それに伴い国内での生産もスタートしました。その発見は防水用ではなかったシートの端部を熱した所一部が溶けてシート同士がくっついた為、防水への応用が始まりました。

そのシート防水には、一般的に、合成ゴムに接着剤を使用して接合を行う合成ゴムシート防水と、円形や平状の金具に機械にて下地に塩化ビニールシートの固定を行う塩化ビニールシート防水が有ります。

1-1.屋上のおけるゴムシート防水

屋上で使用されているゴムシート防水は、合成ゴムを主剤にシート状に成形した防水シート材を、現場にてシート同士の接合部を接着剤などで設置していく防水方法で、勾配のきつくない陸屋根の施工に適している防水工法です。

また合成ゴムの温度変化による変形が比較的少なく、地域を選ばず施工が可能です。コスト面においてもウレタン防水などと比べると施工面積が大きくなるに従って工事費が安くなるので、下地条件に合えば広い面積の陸屋根の場合にはコストパフォーマンスの良いシート防水がオススメです。

1-2.屋上のおける塩化ビニールシート防水

屋上で使用されている塩化ビニールシート防水は、塩化ビニール樹脂で出来たロール状の防水シートを現場に設置した円盤型の金具に機械にて固定を行う防水方法です。ゴムシート防水同様に勾配のきつくない陸屋根に適した防水工法です。

ただしシート状の防水材なので、凸凹の多い所や複雑な形をした屋根には施工が難しい事が有ります。

2.屋上における屋上シート防水の工法

1965年頃から国内で防水材と使用されるようになったシート防水には、現場にロール状で搬入された合成ゴム系シートや塩化ビニールシートを設置していきます。

そのシートの固定方法には大きく分けて接着材でシートの貼り付けを行う接着工法と、シートを事前に現場にて設置した円盤型の金具に機械にて固定を行う機械固定工法があります。以下で2つの固定方法をより詳しく見ていきましょう。

2-1.屋上シート防水接着工法(せっちゃくこうほう)

防水性のある1枚のシート材料を接着していく工法です。はじめに下地にプライマーと言われるシート防水用の下地処理材を塗り、その材料の乾燥状態を確認します。その後シート材料を下地に接着剤を塗りローラーを転がしながらしっかりと接着をさせ固定させます。


特徴


屋上に使用するシート防水接着工法には、下地材とシート防水との間に断熱材を設置する断熱工法と、断熱材を設置しない断熱工法が可能です。ただし断熱工法にした場合、人が歩く事で断熱材やシート材の傷みつながるので、シート防水を歩行する事の出来ない非歩行となります。その場合でも点検時の歩行は可能です。


どんな時に使う工法なのか


接着工法は、全面的に下地に接着させる工法なので、屋上などの強い風が予想される箇所においても耐風圧性に優れています。ですが下地の影響を防水シート材が直接的に受けてしまうので、今までの防水材などの劣化が進んだ下地補修がしきれないので条件が悪い場合には、この接着工法は向いておらず、機械固定工法の方がおすすめです。

2-2.屋上シート防水機械固定工法(きかいこていこうほう)

シート防水接着工法とは異なり、接着剤を使用せず防水性のある1枚のシート材料をあらかじめ現場にて設置したディスク型の金具に専用の機械を使ってプラグやビスで防水シートを部分的に固定していく工法です。


特徴


防水シートをディスク型の金具などに部分的に固定していく為、下地の影響を防水シートが直接的に受けにくく、下地処理にかかる労力が最低限で済むので下地条件の悪い場合においても工事期間を短くする事が可能な防水工法です。


どんな時に使う工法なのか


シート防水接着工法に比べ下地の条件を選ばないので、下地処理にかかる費用も安く抑える事ができるコストパフォーマンスの良い改修工事向きの工法です。しかし部分的な固定なために、風圧の影響を受けやすく、工事前に建築高さや想定される風に対応して有効な設置金具の数の決定が必要で、しっかりとした業者に依頼する必要があります。


3.屋上でのシート防水のメリット・デメリット

下地に条件次第でコストパフォーマンスの良い屋上の防水改修工事が可能で広く使用させているシート防水は他の防水工法と何が違うのでしょうか。以下のメリット・デメリットを比較して、屋上のシート防水の検討を行いましょう。



メリット


・その他の防水などと比較すると施工面積が大きくなるに従って工事費が安くなるので、下地条件に合えば広い面積の陸屋根の場合にはコストパフォーマンスの良い
・あらかじめ工場で作られてから出荷されるシート材は品質が確保されているので信頼性の高い防水層が出来る。
・機械固定工法では、下地の影響を受けにくく下地処理にかかる費用が安く抑えられ分工事全体の費用が安くなる。
・工法によっては、多く生産されている材料を使用するので、信頼性の高い防水が経済的な値段で施工できる。
・今までの防水がシート防水であれば、シート防水で改修工事をすることで費用が安く抑えられる。



デメリット


・シート状の防水材なので、貯水タンクが設置してある屋上や、複雑な形をした屋根にはシートの設置が難しくあまり向いていない。
・機械固定工法は、風圧の影響を受けやすく、工事前に建築高さや想定される風に対応して有効な設置金具の数の決定が製品の完成度に直結するので優良な業者に依頼する必要がある。
・施工中に振動音などの騒音が発生するので、近隣への対策も必要。
・密着工法においては、下地やローラー転圧の確認が必要でしっかりとした防水業者を見つける事が大切になる。
・工法によって、各チェックポイントが異なり信頼のできる防水業者を選ぶ必要性がある。


4.屋上シート防水の耐用年数は13年!

上におけるシート防水の耐用年数は13年です。ウレタン防水よりも長持ち良く条件によっては他の防水工法よりもコストも安く抑えられます。また数多い防水工法の中でもコストパフォーマンスが一番良く、陸屋根の広い屋上ではなおさらシート防水がオススメです。



5.屋上におけるシート防水のまとめ

すでに屋上でシート防水が施工されているようであれば、改修工事においてもシート防水で業者さんに依頼する事で一番お安い防水工事が可能です。また屋上が平らな陸屋根の場合にはシート防水はコストパフォーマンスが良い工法なので事前に確認を行いましょう。

今までの防水の種類がわからないけど、価格を重視して防水工事を行いたいようであれば数社から相見積もりを取り比較して検討するもの良い方法です。防水コネクトでは数社を比較して価格の検討ができるので、まずはシート防水に適した屋上かどうかなどの不明な点をお問い合わせ、必要に応じて見積書の依頼や工事の検討を相談してみましょう。

  • かんたん一括見積りで相場を知ろう!

最速1分で簡単見積り比較!実績のある地元の優良業者を【無料】でご紹介いたします。